どうしても悩むことがやめられない場合

 「悩む」ことはいけない。

しかし、わかっていてもなかなか

止められないのが「悩み」。

 

そして「悩み」の中にも、

「こうなるのは絶対嫌だ」

「できるだけそれに近づかないでいたい」

と思うものが誰にでもありますよね。

 

このような「悩み」は

『「悩み」を解消するプロフェッショナル』

である斎藤一人さんいわく

「トラウマ的な恐れ(不安・心配)」

というそうです。

 

そして、

*******************************

引用元)斎藤一人[2015]『神様に上手に助けてもらう方法』(KKロングセラーズ)

・・・「トラウマ的な恐れ」

に関連することは、

ちょっとしたことでも、

自分の中で拡大して

悪く考えてしまうのです。

 

実際に起きた「恐れ」に関する出来事が

1だとしたら・・・・100ぐらいの「恐れ」に

拡大して考えてしまう。
しかも、それはまだ現実に起きていない

「架空」の出来事にもかかわらず。・・・


*******************************

とも述べています。

 

おそらく現代社会では上記のような

『現実に起きていない「架空」の出来事』

に対して過剰な恐れを抱いている人は

多いのではないでしょうか。

 

では、このような

「トラウマ的な恐れ」に対して

解決策はあるのでしょうか?

 

実は解決策はあるのです。

しかもこの解決策

「安価・すぐできる・誰の助けもいらない」

というものです。

 

わたしも以前から実行しているのですが

かなり効果があります。

 

その解決策とは、

トラウマ的な恐れが心にうずいてきたときに

『「天之御中主(あめのみなかぬし)さま

お助けいただきまして

ありがとうございます」。

と何度も何度も唱える。』

引用元)斎藤一人[2015]『神様に上手に助けてもらう方法』(KKロングセラーズ)

というものです。

 

少しオカルト的ですが、これでトラウマ的な恐れや不安から

徐々に解放されるならやってみる価値はあると思います。

 

これから先、世の中はますます混迷を極めていくと思います。

そんなときに一番大事なのは、

「どんなときにも落ち着いて行動できる心」です。

そのために自分の心から「トラウマ的な恐れ」を取り除き

自らをコントロールできるように訓練していくべきではないでしょうか。